1. HOME
  2. Travel
  3. あなたの人生を変える運命の 『星旅』
Travel

あなたの人生を変える運命の 『星旅』

Travel

新型コロナウイルスの終息がまだ見えない2020年秋、旅を楽しむことはまだ少し先になりそうだけど、旅に出向くことが可能になったら、「パワースポットに出かける」という旅の楽しみ方から、「あなたのパワースポットを見つける」という特別な旅のしかたを、Zoddiiでは皆さんにお伝えしていきます。

この都市に、この街に出かけるたびに、私がどんどん輝きだす。

こんなふうにあなたを幸せへと導く旅をクリエイトしてみよう。ということで、Zoddiiメンバーが、それぞれ体験してきた、思い出深いアストロマップトラベルの旅をご紹介しちゃいます。

そもそもZoddiiが提唱する「星旅」アストロマップってなあに?

占星術に詳しい方はご存知かもしれませんが、アストロマップを知らない人の方がまだまだ多いでしょう。

簡潔に言えば、私たち地球に住むものに強い影響を与える太陽だけでなく、金星、木星といったベネフィック(benefic/吉座)のパワーを自分自身に取り込むために、地球上のあらゆる場所を活かすこと。

これは五感すべてをフルに使って、あなたのエネルギーを高める、占星術の奥義の一つ。留学や海外赴任、海外移住が珍しくない現代において、旅によく出る人、旅好きな方には特におすすめの方法なんです。

もちろん旅ができない人には国内や今住んでいる場所を生かす、別のアストロマップのアプローチもありますが、「旅行占星術」に注目するようになったのは、海外に移り住んだ多くの日本人のひとたちのホロスコープを何百と検証してきて、その驚くべき変化にあっぱれ!言葉では説明できない神妙なものを感じてきたから。

彼らの移住は、“星のチカラを使った人生の再出発“といっても過言ではありません。
占星術では、これをRe/location(ロケーションの再設定)と言います。
旅行や留学に取り入れることができる、自ら歩んで道を切り拓く「開運占星術」なのです。

あなたのエネルギーを高める場所を選んだら、移り住むことが一番効果的だけど、ビザの申請、許可などハードルは高いもの。海外移住はそんなに簡単ではないので、旅行や留学などで活かすのが、まずは効果が見込めるやりかたと言えるでしょう。

たとえば「結婚式を木星のラインの国で挙げた」「金星ラインが通る場所で、愛する人と出会った」「太陽ラインの場所での出会いが仕事に結びついた」こういった話は枚挙にいとまがありません。

直接出向くことが無理なら、その土地の文化や、その土地で取れた特産品を使って、エネルギーアップを計りましょう。

ヨガを人生の基盤としている人がインドに、フラに魂が揺さぶられる人がハワイに、パティシエとして活躍する人がフランスのパリに、ファッションや芸術に心奪われる人がイタリアのミラノにラインが通っているといったことは、多くの人々が体験している例です。

星旅=アストロマップトラベルで、人生が変わる

もしあなたが、今の人生を違う視点から眺めてみたい。旅によってリセットしたい。そのためにも、旅の時間をポジティブな機会にしたいと強く思うなら、「旅行占星術」を使ってあなたにしかできない星旅をしてほしいとZoddiiは願います。

その旅があなたを幸せな時間へと誘い、あなたの人生が輝きだすきっかけになれば、インターネットの普及によって、ますます世界を身近に感じる機会が増えてきた今、時に人生八方塞がりに感じる時でも、こんなふうに視点を変えることで、思考をチェンジできる方法もあるんだとわかってもらえたら、私たちは本望です。

そんな願いを込めて、Zoddiiは「星旅」エッセイをスタートしました。

星から授かるパワーを、その国の特別な場所やアートといった文化、グルメや名産となるもの、形あるものを、色や味わい、香りといった五感からも伝えたい。

旅を愛する読者の皆さんが、今までとは違った視点で旅を楽しむヒントにしてもらえたらと願っています。

一歩進んで、自分でマップを調べたい人に

アストロマップを作れる無料サイトの一つに、astro.comがあります。AstroClick®トラベルのページにアクセスすることで、あなたのホロスコープからマップをサクッと作れるでしょう。

ただし、マップは時期によって生かしやすい時と、使いづらいときがあるので、マップの考察に精通した占星術家によって、アストロマップを作成して時期を選んでもらうことをお勧めします。

Zoddiiでは、様々なマップを出せる世界でもっとも普及した占星術ソフト『Solarfire Gold』を使って、日本、オーストラリア、アメリカの国内外問わず、旅の経験も豊富な旅行占星術家によるアストロマップアドバイスも紹介しています。

あなたのお気に入りの旅人に相談するのも、おすすめかもしれませんね。
それではまた、お会いしましょう。