1. HOME
  2. Food
  3. 失敗しないパーティーWineはこれ!
Food

失敗しないパーティーWineはこれ!

Food

イタリア、ベネト産、 Conegliano-Valdobbiadene Prosecco Superiore  DOCG(コネリアーノ ヴァルドッビアデネスペリオーレ)

太陽が天秤座にある今日は、
社交の場、人の集まる記念日やパーティー用に、どんなワインを買ったらいいの?
そんな疑問にお答えしてみようかと思います。

まず、沢山の人のいるパーティーでの持ち寄りや、プレゼントには
「万人受けして、知名度があって、流行りで飲みやすくてお手頃価格なスパークリング」
がいいですよね?
そんな時には、世界で一番消費されているスパークリングワイン、イタリア発祥の「prosecco」がおすすめです!

瑞々しい果実味と切れの良い泡が特徴のプロセッコは、流行りの健康志向の食事にもピッタリでオーストラリアでも今、大大人気です。
昔に比べて、「prosecco」をよく見かけるようになったと思いませんか?
でも、このProsecco、実はどれも一緒じゃないんです。格付けがあるのをご存じですか?
フランスのシャンパーニュ地方のシャンパンと同じく、発祥であるイタリアのベネト州の特定の地域で作られるProseccoに法律で定められた下記の格付けがあるんです。

1 Prosecco DOC (プロセッコ)
2 Prosecco Treviso(トレヴィソ) DOC
3 Asolo Prosecco(アッソーロ) DOCG
4 Conegliano-Valdobbiadene Prosecco  DOCG(コネリアーノ ヴァルドッビアデネ)
5 Conegliano-Valdobbiadene Prosecco Superiore  DOCG(コネリアーノ ヴァルドッビアデネスペリオーレ)

あと2種類最高級品がありますが、たった1%の生産量でめったに見かけることはないので、日常では一番下、⑤が最高級品。味はドライで味わいも他と異なります。
最高級なのにコスパもいいので日本で二千円、オーストラリアでも20ドルぐらいで買えるのも魅力的ですよね。

呪文のような「コネリアーノ ヴァルドッビアデネ」とは、地域の名前で、2019年7月ユネスコ世界遺産にも認定された場所でもあります。
そしてプロセッコの独自性を表現するのは、この名前の付く④⑤クラス以上と言っていいでしょう。
「私はプロセッコが好き!」と語る時には、是非⑤のクラスを飲んでみてください。
この格付けは「シャンパン」と同じように「ブランド名」のようなものなので、プレゼント用に購入するには是非、どの文字が書かれているか確認して購入してみて下さいね。(ボトルのネック部位裏面にシールが貼ってあります!)

しかも、ヴァルドッビアーデネでは、「プロセッコ」という名前の使用に規制をかけようという動きがあり、イタリアの特定の地域で栽培・醸造されたワインにのみ使用できるよう、働きかけているそうなのです。
そうなると近いうち、シャンパンと同じように、イタリアの特定地域以外は、勿論オーストラリアでもプロセッコと呼べなくなる時代が来るかもしれません。

これからクリスマスや年末年始に向けて、プレゼントやパーティーの一本にちょっとしたワインの知識を添えると大人な印象がアップするかもしれませんね。