1. HOME
  2. Horoscope
  3. 運命のポイント「ノースノード」から読み解く、過去と未来
Horoscope

運命のポイント「ノースノード」から読み解く、過去と未来

Horoscope

春分を迎え、3月も終わりに近づきましたね。

春の星読み特集、第2回目の今回は、私たちの心理面にも影響があるとされる、運命のポイント「ノースノード」について取り上げたいと思います。

ノードの概念とノードが象徴するもの

「ノード」という概念をご存知でしょうか?

地球から見た時、太陽と月はそれぞれ軌道を描いています。太陽の軌道と、月の軌道が重なるポイント、これが「ノード」になります。

「ノード」には、北の「ノースノード」と、南の「サウスノード」があり、ノースノードは「ドラゴンヘッド(昇交点)」、サウスノードは「ドラゴンテイル(降交点)」と呼ばれています。

ノードの周期は、およそ18年。干支が12年で一周するように、ノードは18年6ヶ月で一周するのです。ノードが一周して戻ってくることを「ノードリターン」と言い、これは地球にとって、とても大きな節目。

18年でノードリターンが起きるということは、私たちは成人になるまでに、必ず1度ノードリターンを経験することになります。

「ノードリターン」は、春分の日のように「宇宙元旦」っぽくおめでたいイメージで捉えられていそう…、と思うかもしれませんが、過去の歴史を振り返ってみると、案外そうではありません。

たとえば、かつてインドにおいて、ノースノードは「ラーフ、羅睺(らごう)」サウスノードは「ケートゥ、計都(けいと)」と呼ばれていたのですが…。

ラーフは、人間の煩悩を生み出すカルマの象徴、ケートゥは、俗世から離れて自分の世界に引きこもる、ともに日食や月食を起こす障りの象徴として、捉えられてきました。

インドでは当時、カースト制度が根強く残っており、そんな時代背景があったからこそ、「ノード」の概念に対してこんなネガティブなイメージが生まれてしまったのかもしれませんが…。

これからは、人々がどんどん自由に解放されていく時代。そんな新しい時代において、世界のアストロロジャーがノードに対してどのような解釈を加えていくのか、注目していくべきでしょう。

さて、現在ノースノードは双子座に、サウスノードは射手座にあります。

ノースノードが双子座にある状態は、2020年5月5日 から、2022年1月18日 まで続くのですが、これは一体どのような意味をもつのでしょうか?

ノースノードが双子座にある事の意味

ノースノードが双子座に入った時、世界で起きたことを思い返してみましょう。

記憶に新しい出来事といえば、アメリカでの人種差別事件。ミネソタ州で起きた事件に端を発するデモ運動は、世界的なムーブメントとして広がっていきました。

双子座には「多種多様性を理解する」という意味合いがあります。

だからこそ、有色人種だから、女性だから、LGBTだから、といった理由で安易に差別をしてしまうのでなく、どんな個性も価値あるものとして認めていくべきだという意識が、人々の中で高まったのでしょう。

ノードがカルマと関連づけられる理由

ところでノードの概念は、よく「カルマ」とセットで捉えられるのですが、この理由について少し解説していきます。

ノードを語る時には、「太陽」「月「地球」の三者が、必ず登場します。この三者の関係性は、古くから「父」「母」「子」に比喩されてきました。

太陽は、父。月は、母。そして地球は、子です。

ノードは、父と母が交わるポイント。

だからこそ、臍の緒によって遺伝子が子へと繋がれるように、解消されていない過去のカルマを現世に受け継ぐようなイメージを古代の人は抱いて来たのでしょう。

 

羅針盤の針をノースノードに合わせよう

 

ノードを時間軸にあてはめて考える時、ざっくりと、北のノースノードは「未来」、南のサウスノードは「過去」を示しています。

未来の方向性がわからなくなってしまった時には、「羅針盤」のことを思い出すといいでしょう。

コンパスの針がいつも「北」を示しているように、我々の問題を解決するヒントは、常に「ノースノード」にあるということです。

ノースノードがどんな星座にいるのか、そこから読み解けるガイダンスに従うことでサウスノードで示されていた問題が、解決に向かっていくのです。

針を合わせることで、ロックされていたドアが開き、運命が動き出すイメージ。

まとめると…

「一体、どうしてこんな事が起きるの!?」と混乱してしまった時、その理由はサウスノードの星座を読むことで理解できます。

「一体、どうやって解決すればいいの!?」という疑問に対する答えは、ノースノードの星座を読み解くことで、見えてきます。

 

「日食」や「月食」がもたらす意味とは?

 

昔から人類が強く意識してきたイクリプス=「日食」や「月食」は、ノードの近くで新月や満月が起こった時に見られる現象です。

2021年度、月食と日食は合計で4回も起こります。

それぞれの日食や月食が起きる時、我々は宇宙からどんなメッセージを受け取れば良いのでしょうか?

5月の月食では、働く意識に変革を。

5月26日に射手座で起こる月食は、月の全体が影に入る「皆既月食」なので、影響力は強めです。

ここで自分自身に問い掛けるべきなのは、「働き方」に関する事。

特に「競う」ことにばかり意識を向けないで、というメッセージを受信してみてください。たとえば、仕事におけるライバルは、視点を変えると「お互いに切磋琢磨してくれる良き仲間」です。敵の存在があるからこそ自分を磨くことができ、業界の水準を上げることができるのだと考えたら、いかにありがたい存在であるかがわかるでしょう。その上で正々堂々と勝負をし、魂を成長させるべきです。

 

6月の日食でマルチに知識を得ようと決意すれば、11月、12月に結果が。

6月10日には、双子座で日食が起こります。

この日食を「スタート地点」だと考え、次の月食まで走り抜けようと想像してみてください。

この日食で我々が意識すべきなのは、マルチに様々な知識を得ようと積極的な姿勢を取ること。専門的な事まで何もかも知らなくても良いので、自分の中に本の背表紙だけでも一通り揃えていくイメージ。そうすれば、いざという時にその本を手に取ることができます。

その努力は、11月に起きる月食のタイミングで結果となって現れるでしょう。ここで思いもかけなかったような、大きなギフトを受け取る人も多そうです。

さらに、12月には射手座で皆既日食が起きるのですが、これは11月の月食と同じノード軸で起こるため、それと近い要素が強調されるでしょう。

この12月の日食の時に大切にして欲しいのは、サンタクロースを待つ時のような気持ちでワクワクしていること。全ての疑いを捨て、子供のような気持ちで期待に胸を膨らませていれば、予想した以上のギフトを手に入れることができるでしょう。

2021年から、未来へ。感情に振り回されずに思いを伝えよう!

 

運命のポイントと呼ばれる、ノースノード、サウスノード、そして日食や月食が起こる流れなどについて解説してきましたが、いかがでしたか?

ノースノードが双子座にあることから、私たちはもっと世界に向けて視野を広げようという意識を必然的に高めていくことになるでしょう。そうすることで、今いるステージからもっと高いところへと格段にランクアップしていけそうな気配です。

人とつながることの素晴らしさや、コミュニティーを作ることへの心強さが、普段より強く感じられる時とも言えるでしょう。

「自分の思いを適切に伝える」

これも、今の時期に重要となってくるテーマです。

ただの気分で話していないか?きちんと、論理的に話せているだろうか?そんなことを、いつも以上に自分に対して問い掛けてみましょう。また、自分ばかり話すのでなく、周囲の人の話にもちゃんと耳を傾ける姿勢が大切です。

双子座は、風の星座。風の星座は、感情に振り回されたりしません。あるがままを受け取り、好き嫌いだけで判断をしない。だからこそ、ある意味淡々とコミュニケーションを取ることができ、人々と広くつながっていけるのです。

ただ、中にはドロっとした感情が渦を巻いてしまう人もいるでしょう。たとえば、活発に行動する中で得た知識を、誰とも共有したくないと考えてしまったり。いわゆる「抜け駆け」的な態度です。また、優れた知識や技術を得たことで、自分より劣る人を小馬鹿にし、見下してしまったり。

そんなカルマがあることを、自分の中に見出してしまった時には、全ての人があなたと同じように特別な存在であることを思い出し、認めてあげるよう意識してください。決して立ち止まらず、今も変化の中にあるのだと認識することで、呪いは解けていき、美しい魔法に掛かっていきます。

感情に左右されてしまいやすいな…と感じたら、新しいことを学び始めてみるといいでしょう。物事を論理的に記すライティングの技術などを身に着けようという姿勢が、感情の暴走をストップさせてくれるはずです。ノースノードが双子座にある時には、情報を知性として変換していく動きが功を奏するのです。

ミネソタ州で起きた人種差別のデモが世界中へと広がっていったように…。一人一人の個性を認め、多様性の素晴らしさを訴えようとすることで、あなたの世界も今よりもっと広がっていくでしょう。

今は、風の時代ですから、風通しの良い空間に立ち、ノースノードが示す方に意識を向けてみてください。そこに、あなた自身の羅針盤の針を合わせましょう。

宇宙との調和が感じられた時、おのずと進みたい方向が見えてくるはず…。

運命を自らの手で動かしていきましょう!