1. HOME
  2. Horoscope
  3. 運命のポイント「ノースノード」から読み解く、過去と未来
Horoscope

運命のポイント「ノースノード」から読み解く、過去と未来

Horoscope

羅針盤の針をノースノードに合わせよう

ノードを時間軸にあてはめて考える時、ざっくりと、北のノースノードは「未来」、南のサウスノードは「過去」を示しています。

未来の方向性がわからなくなってしまった時には、「羅針盤」のことを思い出すといいでしょう。

コンパスの針がいつも「北」を示しているように、我々の問題を解決するヒントは、常に「ノースノード」にあるということです。

ノースノードがどんな星座にいるのか、そこから読み解けるガイダンスに従うことでサウスノードで示されていた問題が、解決に向かっていくのです。

針を合わせることで、ロックされていたドアが開き、運命が動き出すイメージ。

まとめると…

「一体、どうしてこんな事が起きるの!?」と混乱してしまった時、その理由はサウスノードの星座を読むことで理解できます。

「一体、どうやって解決すればいいの!?」という疑問に対する答えは、ノースノードの星座を読み解くことで、見えてきます。

「日食」や「月食」がもたらす意味とは?

昔から人類が強く意識してきたイクリプス=「日食」や「月食」は、ノードの近くで新月や満月が起こった時に見られる現象です。

2021年度、月食と日食は合計で4回も起こります。

それぞれの日食や月食が起きる時、我々は宇宙からどんなメッセージを受け取れば良いのでしょうか?

5月の月食では、働く意識に変革を。

5月26日に射手座で起こる月食は、月の全体が影に入る「皆既月食」なので、影響力は強めです。

ここで自分自身に問い掛けるべきなのは、「働き方」に関する事。

特に「競う」ことにばかり意識を向けないで、というメッセージを受信してみてください。たとえば、仕事におけるライバルは、視点を変えると「お互いに切磋琢磨してくれる良き仲間」です。敵の存在があるからこそ自分を磨くことができ、業界の水準を上げることができるのだと考えたら、いかにありがたい存在であるかがわかるでしょう。その上で正々堂々と勝負をし、魂を成長させるべきです。