1. HOME
  2. Business
  3. 海外ビジネスシーンで今大注目の 「 Farm to Table 」
Business

海外ビジネスシーンで今大注目の 「 Farm to Table 」

Business, Lifestyle

食から未来を変えていく Farm To Table というムーブメント。

冥王星が山羊座に入った後の2010年ごろからアメリカの西海岸で話題になり、世界に広がりはじめました。

これは、言葉の通りFarm(農場)からTable(食卓)へ直接届けるというものです。農作物だけでなく、ワインやチーズ、漁業、畜産など、生産者から直接購入することができるシステムです。

 

オーストラリアでは、レストランでローカルクラフトビールがあったり、メニューで地元の食材を取り入れています。スーパーマーケットでも生産者の顔や場所を表示したり、自治体はファーマーズマーケットの開催で地元農家を応援するなど積極的に取り組んでいます。

人気のFarm to Table レストラン  【 The Farm Byron bay 】

ゴールドコーストから車で1時間。

スローライフ、エシカルな暮らしを大切にする人たちに人気が高いByron Bayという町があります。

高速道路を降りてすぐ、町の入り口にある地元で人気のレストラン The Farm Byron Bay

@thefarmatbyronbay

 

80エーカー(東京ドームの約7倍)の広大なファームには、牛、豚、鶏が放牧されています。そして、化学薬品を使わずに季節の野菜が豊富に育てられています。

@thefarmatbyronbay

@thefarmatbyronbay

 

併設されているThree Blue Ducksレストランとカフェでは、可能な限りここでとれたオーガニック、無農薬の野菜とお肉を使って料理を提供していて、足りないものは地元の近隣農家から仕入れているそうです。

@thefarmatbyronbay

 

お客さんは、自分たちの口に入る食べ物がどんな環境で作られているか見ることができるし、農作業しているスタッフに話を聞くチャンスもあります。畑とスタッフの働きぶりを見たら、愛情たっぷりに手をかけ育てられた野菜だと実感できるので、自然と感謝の気持ちが持てます。その日に収穫したものをお料理に使うので、野菜はみずみずしく新鮮で風味もよく、栄養価も高いです。シンプルに塩でローストしただけの物でも、甘くておいしいから不思議ですね。

@thefarmatbyronbay

 

お店側にもメリットがあります。自分たちで作ることでコストも削減できますし、規格外の大きさや形でも使うことが可能です。毎日必要なだけ畑からとれるので在庫を持つ必要がなく、フードロスを削減できます。

地域社会にとっては、食材を遠くから調達するときには、飛行機や車、船などで運ぶためそのコストがかかったり、輸送の際にCO2も排出されますが、それも削減でき環境改善につながりますね。そして、無農薬で野菜を育てるので、地域の土壌も豊かになります。

@thefarmatbyronbay

 

レストラン、カフェで使われているカトラリーもプラスティックのものは一切なく、すべて土に戻るものです。販売されている雑貨は、サステナブルな生活をサポートしてくれるもののみ。このように、食の流通を見直すことで、ポジティブな循環が生まれるのです。

レストランに訪れることで、今までなかった価値に気がつき、自分のライフスタイルを見直すようになります。

私はここのコンセプトが好きで、日本からお友達が来た時には必ず連れていきます。「エコとかサステナブルとか、正直ハードルが高いし我慢しないといけないことが多いイメージがあったけど、ここにくるとやってみたくなるね。」こんな感想をもらうことが多いです。

無理がなく、自然に、そしてスタイリッシュで、私もやってみたいと思わせてくれる場所です。

あなたのビジネス、職場、家庭でも使えるThe Farmのモットー

The Farmのモットーは『 Grow・Feed・Educate 』

Growは食べ物を育てるという事だけでなく、人を育てる、コミュニティーを育てるという意味も含まれています。

子供向けのガーデニングワークショップやファーム体験もあり、自然に触れる機会を提供していたり、みんなが集まるイベントを主催したり、地元のプロダクトを販売したりして地域の活性に貢献しています。

@thefarmatbyronbay

 

Feedは体にいいものを食べるという事はもちろんですが、ソウル(魂)が幸せだと感じる体験や、自分が住んでいる土壌を豊かにするという事も含まれています。だから、農薬を使わない、ごみを出さないような選択をする、土にかえるものを使うという事が大切になりますね。

Educateは、サスティナブルな社会を実現するために自分自身の視野や知識を広げること、そしてそれを家族や友達に伝えていくことで、理想の社会が出来上がっていきます。