1. HOME
  2. Food
  3. ハートを開く神聖な『カカオセレモニー』
Food

ハートを開く神聖な『カカオセレモニー』

Food

 

甘くて可愛いチョコレートは私たちの愛情を満たすものとして、世界中の多くの女性を虜にしてきました。
元気が欲しい時、少し心が寂しい時、愛する人と時間を楽しむアイテムとして、チョコレートは私達の感情とつよく結びついた Emotional Food だと言われています。

 

 

科学的にも、カカオは幸福感をもたらす神経伝達物質「アナンダミド」を含有する唯一の食材。また、人を夢中にさせる愛の媚薬ともいわれ、占星術では金星を満たす食べ物。

そんなチョコレートの原材料「カカオ」が、今オーストラリアをはじめ欧米のYogiShamanicな人々、マインドフルネスな人たちに再注目されています。

 

カカオのルーツ

生カカオは古代マヤ文明から、シャーマン達によって、ハートを開く効能がある薬用食材として神聖な儀式に用いられてきました。

歴史上最も古いヒーリングは、シャーマニックな儀式によってもたらされていたと言われていますが、そのヒーリングをもたらす儀式の一つに「カカオ」を使ったものがありました。

カカオは、大地のエネルギーをたっぷりと含んだ食べ物で、古代マヤ文明のあった中央アメリカの原住民たちは、カカオに四大元素「地・風・水・火」のスピリット(精霊)が宿っていると信じられています。
神の食べ物であるカカオを取ることで、エネルギーバンランスが整い、健康になれると信じられてきました。

ハートが開くと、あなた自身の奥にある囁きのような小さな声が聞き取れるようになり、それが不要なブロックやトラウマ、価値観を手放す助けとなります。本当の自分に繋がり、自分らしさやビジョンが鮮明になるなど、さまざまな内側の変化をもたらしてくれる、まさに神の力が入る食べ物。また当時は非常に貴重で効果なものとして、食用だけでなく貨幣としても使われてたようです。

カカオの学名「Theobroma」は「神 (theos) の食べ物 (broma) 」を意味します。 不安や恐れを解放し、自分の本質とつながる時間。音楽や瞑想、インナーワークを用いて、自分自身の深い部分に繋がることをサポートしてくれます。

その後16世紀ごろ大航海時代に、メキシコのアステカからヨーロッパに持ち帰られ、砂糖やハーブ・スパイスを混ぜたチョコレートが上流階級で人気となりました。私たちが今食べているチョコレートの始まりですね。歴史と共に変化したカカオの食べ方。今日ご紹介するカカオセレモニーは、カカオのツール、マヤ文明の頃に行われていた神聖な儀式を取り入れたものです。