1. HOME
  2. Travel
  3. ハロウィンのルーツ、ケルトの伝統サウィンと蠍座
Travel

ハロウィンのルーツ、ケルトの伝統サウィンと蠍座

Travel

 

今や世界中での仮装イベントとなった、ハロウィン。
北半球において、収穫の終わりと寒い冬の始まりですね。

このハロウィンの起源であるケルトの伝統、「Samhain__サウィン」は、亡くなった人々を思い出す日として「死生観」「魂の果てしないサイクル」について考えながら、蠍座との繋がりを感じさせるもの。

2021年のホロスコープでは、蠍座にある太陽と火星が、自分の内側への探究をうながしてくれる日となりそうです。

今回は、このハロウィンの起源にさかのぼりながら、ケルトの伝統が伝えている死生観に触れていきましょう。

 

「生と死と再生」人生の3つの側面とむきあうケルトの儀式

 

 

そもそもアイルランドやスコットランドにおいて、11月1日は「諸聖人の祝日」として知られ、古代ケルトの伝統ではハロウィンの起源「Samhain__サウィン」として重要な日とされてきました。

その前宵祭である10月31日から1日の日没において、古代ケルトの高僧であるドルイドたちは神聖で大きな焚き火を作り、ケルトの神々への捧げ物として作物や動物を燃やしました。

四季をつなぎ合わせている重要な継ぎ目の時間、空間との構造にヒビが入り、生きている者の世界と、死者の世界とのベールが薄くなって、見えない壁が消えていくと信じられてきました。

そして異次元から、彼らの先祖がやってくることができる…

この時間は、その年に亡くなった人々も称えながら、死者との思い出に触れることが可能な時間と伝えられてきたのです。

しかし異次元からは、先祖だけでなく、悪魔や妖精たちといった、さまざまな存在もやってくるので、ドルイドの僧たちは身を守るため、彼らの仲間のように変装したことが、ハロウィンの始まりとされてきました。

ドルイドの僧たちによって作られた焚き火には、強い「保護」や「浄化力」があるため、お祝いが終わる時、その火を各家に持ち帰り、悪霊や冬の寒さから守る神聖な火として灯したのです。

「火と変装は悪霊をよせつけない」という伝承から、悪霊から身を守るジャック・オー・ランタンを人々は農作物の中からカブから作りましたが、ゴールドラッシュと共に1800年代にアメリカに渡ったヨーロッパの移民たちは、どこでも手に入りやすいパンプキンをくりぬいて作るようになりました。このように、アメリカでのハロウィンが、現在のスタイルを作ったとされています。

 

 

また、ハロウィンは「魔女の新年」とも言われ、魔女の霊力を授かるときでもあります。おなじみのフクロウ、コウモリ、クモ、猫といった霊魂のシンボルは、異次元との繋がりに一役かってくれそうですね。

 

サイキックパワーが増す、ハロウィンの過ごし方

アメリカに伝わってからのハロウィンは、友達とわいわいパーティーで盛り上がる仮装イベントが目立つようになりましたが、本来は祖先を思い出す日。

魔法使いや魔女といった存在は、自然界の力と繋がり、そのパワーを引き出す能力の高さによって、力量が決まります。
そのコネクションを作る背後にあるものは、ルーツとなるサウィンが示す祖先崇拝への関与も見られるでしょう。

だれもが避けられない「死」そして「新しい命」を迎える人生という舞台において、脈々と受け継がれてきた血筋をあらためて見つめ直す時間にしたいものですね。もし用意できるなら、家系図や彼らの思い出の品を供物と一緒に並べて、家族で「愛と感謝」の言葉を添えることを忘れないようにしましょう。

 

 

あたりが暗くなるにつれ、次元が違う世界の扉が開くハロウィンの夜は、魔法のまじないや占いをするのに最適なとき。伝統ではクルミなどの堅い木の実の殻を燃やし、灰を用いて未来予測が行われます。

空気が静まり、サイキックパワーも増してきて、違う次元からのサポートを受けやすいくなります。メディテーションの時間や心に浮かんでくるイメージを広げながら、あなたのお気に入りの占術を楽しみましょう。

そのなかでも、りんごを使ったおまじないはポピュラーなもの。

ハロウィンの夜更けに、心を鎮めて鏡の前でりんごの皮をむくと、鏡には将来の夫の姿が映る、と囁かれてきたり…

そう、ハロウィンの時間は謎と神秘にみちているのです。

 

今年のハロウィンで体験したい、3つのこと

 

1、神秘的な夜は、運命を占うのにぴったり。タロット占いを楽しみましょう。

伝統ではウイジャ盤を使ったり、交霊会なども行われることもあるそうですが、難しく考えず聖なる時間を体験してみましょう。なかでも家族やパートナー、もしくは一人でも楽しめるタロットはおすすめ。古いものを明け渡し、新たなものを招く時間としてタロットで、過去や未来のことを自由に語り合ってみると、スピリチュアルなメッセージを受け取れそうです。

 

 

2、「健康」「浄化」を願ってキャンドルを灯し、天然のハーブやアロマオイルの香りで空間を心地よいものにしましょう。

サウィンでは火は儀式で使う大切な四大元素の一つです。キャンドルを灯しながら、ピュアなアロマエッセンスの香りを部屋に広げることで、季節の移り変わりで、心身ともに健全にすごせるように祈りましょう。

 

 

3、今宵のディナーには、魔女のケーキを添えて。

収穫を味わうご馳走は、ハロウィンの欠かせない習慣のひとつ。食材はナッツやリンゴ、パンプキン、カブ、じゃがいもといった農作物を使ったメニューに、魔除けにつながるハーブ、タイムやセージ、オールスパイス、ローズマリー、シナモンのスパイスをいれたお菓子や飲み物もおすすめです。

子羊を使ったアイリッシュシチューや、ケールやトウモロコシをいれたマッシュポテト、コルカノンはその代表的な料理。旬を味わうご馳走で、収穫の豊かさを味わいましょう。

 

 

さらに愛する故人への贈り物とされてきた、サウィンソウルケーキ。レーズンなどのドライフルーツをちりばめて、一つ一つ配れるようにラッピングしたり、フォーチュンクッキーのように、メッセージをクッキーに入れて焼いてみても。ドリンクのおすすめはアイリッシュホットワイン。シナモンやクローブを入れると、心も体も温めてくれますよ。

 

いかがでしたか?

2021年度のハロウィンは、太陽に加えて火星も蠍座に入宮してハロウィンを迎えることになります。嘘偽りのない真実の心で、大切な人たちと話しあったり、メッセージを送りあう時間を楽しみましょう。本気で向きあうほど、宇宙は応えてくれそうですね。

少し注意すべきところは、水瓶座の土星の影響が伴うので、伝統やルールを尊重することを忘れずに。いつもより少しだけ深淵な気持ちをもって、互いの絆を深める時間を大切にするとよさそうですよ。

とくに誕生出生図で水瓶座に土星がある、サターンリターン(土星回帰)を迎えている人は、謙虚さを忘れないようにしましょう。