1. HOME
  2. Horoscope
  3. 牡牛座の満月はニューノーマルな自分へのトランスフォーム
Horoscope

牡牛座の満月はニューノーマルな自分へのトランスフォーム

Horoscope

 

11月19日は牡牛座で部分月食が起こります。
お天気がよければ、一部が赤く欠けた月が日没後すぐに見られるでしょう。

月を中心にした太陰暦(ルナカレンダー)では、月食は半年間、もしくはこの1年を振り返り、新たなスタートへのヒントをうけとるターニングポイント。時間をかけて積み重ねてきたことがあったなら、満足した結果が得られることも多いです。一方で、中途半端になってしまっていることは、見直して調整することも必要になります。

 

ニューノーマルな自分への扉が開く牡牛座の満月

 

 

今回の満月のテーマは「ライフスタイルの棚卸し」

コロナ禍の制限も緩和され、元の生活を取り戻しつつある中、自分の心、思考、行動の癖を見直すチャンスです。

パンデミックが始まった時は、怒涛のように常識が覆され、変化の波についていくのに必死だった人も多かったのではないでしょうか。

オンラインでの会議や仕事、マスクをつけた生活、イベントの中止や簡素化、外食の規制。

戸惑いながらも慣れてくると、通勤時間がなくて便利、下はパジャマでもOK、どうせマスクするからメイクなし、めんどくさかった会社の忘年会がなくなってよかった、断り切れなかった付き合いがなくなったなど、メリットを感じる部分もあったはず。

今回は、ようやく馴染んできたところからの脱却です。

コロナ禍で、手放せたしがらみを元に戻すことのないよう、自分の軸をしっかりともたなければいけません。

無意識の習慣にも目を向けてみましょう。

例えば、朝起きたらコーヒーを飲む。これは本当に必要でしょうか。自分の体にいいか悪いか、どのくらいの量をとるのか、など改めて考えてみるといい時期です。

 

朝のコーヒーの代わりに飲む人が増えている白湯。メリットもいっぱいでオススメ。

 

また、いつもネガティブなことばかりを考えてしまう思考の癖や、決断できずに先延ばしにしてチャンスを逃してしまう行動パターンなど、自分のパターンを棚卸しましょう。過去の苦い体験を引きずってしまう人も、未来へ目を向けるときです。今回の満月は山羊座にある冥王星からサポートを受けているため、なかなかやめられなかった悪しき習慣を断ち切るベストなタイミングです。

 

牡牛座満月にやっておきたいこと

メイク、洋服の見直し。洋服も自分で買うといつも同じような服ばかりになってしまいます。パーソナルカラーや骨格診断をうけたり、‘お買い物同行を頼んだりして、新しい自分を発見しましょう。

 

 

◆ 口角をあげることを意識して。マスク生活が長くなると、見えないからと口元は手を抜きがち。葛藤が多い時期だからこそ、笑顔をいつもより意識して。

◆ 腸活を心がけて。発酵食品の中でもこの時期おすすめはキムチ。ガーリックやチリが粘り強くやり遂げる力をサポートしてくれます。

 

 

新しい自分になりたいけど、考えすぎて動けないあなたにHolistic approach

 

◆ キャンドルをともしてお風呂にゆっくりつかってみてね。Yes noで答えられるシンプルな質問を自分自身に投げかけてみて。

◆ オラクルカードやタロットカードをひいてみるのもおすすめ。

◆ 1日1個、自分が幸せな気持ちになるためにできることを実行してみる。

 

 

11月のSpell

 

Spellはそっと自分にかけるおまじない。

紅葉が美しい季節。イチョウが黄色く変化するように新しい自分を見出したい。でも、今までのパターンから抜け出す時、本当に大丈夫かなと少し不安になる気持ちはつきものです。

小さい紙、黄色いリボンやシールを用意してください。

紙に I am safe       I am secure       I am protected  と書いてくるくると巻き、黄色いリボンやシールで止めてください。お出かけのバックや車にいれておいてね。

 

 

 

関連記事

運命のポイント「ノースノード」から読み解く、過去と未来