1. HOME
  2. Lifestyle
  3. アストロ風水からみた「動と静」を生かす、2022年前半の過ごしかた
Lifestyle

アストロ風水からみた「動と静」を生かす、2022年前半の過ごしかた

Lifestyle

 

皆さま、新しい年がスタートして、体も心も整える最適な時期となりましたね。
オーストラリア サンシャインコースト在住、アストロ風水師Yokyです。

2022年の前半を自然のリズムを取り入れながら、健やかに過ごすヒントを、アストロ風水の観点からみていきましょう。

風水を取り入れるにあたって、環境的な要素は切り離す事ができません。

そう考えた時、冬から夏に向かう北半球と、夏から冬に向かう南半球では、「流れ」のトーンが違ってきて当たり前。

お空の天体の動きは同じでも、それを受け取る地上の「受け皿の種類」が違うようなものとイメージして貰えばわかりやすいのではないかと思います。

では、実際にはどんな流れになりやすいのか、どう過ごすのが適しているのかを北半球と南半球に分けてお伝えしていきますね

「動」が「アイデア」を生み夢が広がる北半球

1日の中で夜が一番長い冬至のポイントをすぎ、太陽の勢いが増してくる北半球では、元気で活発なエネルギーが充満していきます。

じっとしているよりも、動いて積極的に風を起こしていくことの方に、自然と気持ちも向きやすくなるのでは。

今までも開催されていたけれど、あまり参加してこなかったような集まりなどにもフットワーク軽く出かけてみると、見落としていた深いご縁に繋がることもありそうです。

嫌だと思う場所に参加する必要はないけど、ふと「行ってみようかな」という気持ちが湧いたら、ぜひその直感に従ってみてください。

冬至から夏至にかけての「受け皿」は、「もっともっと」の器。

人や物との出会いを通じて、やりたい夢のイメージも膨らみ、根拠のない自信が湧いてきて行動に火がつく。行動がまた次の行動を呼ぶ。

そうやって、器に新しいものを入れながら成長していく時期となっています。

北半球の方への開運Tip

1.軽い運動から1日をスタートさせる

朝のできるだけ早い時間にラジオ体操や散歩などをしてみましょう。

体の動きが滑らかになり、インスピレーションが湧きやすくなります。

スイッチが入れば噴水のようにアイデアも出てきやすいため、できるだけメモを持ち歩いておくことがおすすめ。

思いつくことも多いけど、放っておくとあっという間に忘れてしまうのもこの時期です。

2. 健康と家計の土台はキッチンで決まる

キッチンの整理を習慣化してみましょう。

良質の栄養分を適度に必要分だけ体に取り入れることを習慣化していくこと。

健やかに成長していくためには絶対に欠かせないことですよね。

普段見過ごしがちなパントリーの奥や、冷蔵庫の奥にたまりがちな汚れなども楽しみながら、綺麗にしてみましょう。

 

食材を無駄にすることも減り、家計運がアップしたり思わぬ臨時収入が入ってくることも。

「食材を使い切るまで買い物には行かない」など、自分なりのルールを決めて、習慣化することを心がけてみましょう。

「静」が拡大のスイッチとなる南半球

北半球とは季節が真逆の、夏から冬へと向かう南半球。
陽の光の強さもピークを過ぎ、ここからは少しづつ鎮静の方向に向かいます。

この半年間、頑張ってきたことの成果はどんな物だったのか、一旦腰を落ち着けて、実りを堪能していく時期に入っていきます。

走り続けてきた人は、ゆっくりお茶でも飲んでスローダウンすることを心がけましょう。

思っている以上に、知識も経験も情報も自分の中に蓄積されています。それに気づかないのは、立ち止まることをしないから。

放っておくと宝の持ち腐れになりそうなそれらの「お宝の原石」たちを、磨いて本物の宝石にする最初のステップとして「まずは1人の時間を作る」ところから初めてみましょう。

南半球の「受け皿」は、覗き込み選別するための器。この経験は素晴らしかった、思った以上の出来栄えの実ができた、これはもうちょっと工夫が必要かな。

ゆったり過ごす時間の中で、一つづつ再考しラベル付けをしていくようなそんな作業に適しています。

1人でいる静かな時間が増えれば増えるほど、イマジネーション力も高まり、これとあれを足すともっと面白いんじゃない?といった創意工夫のセンスも発揮しやすくなります。

こんなの夢物語でしょ、というようなイメージが浮かんできても、否定せず、メモにだけは残すようにしましょう。

びっくりするような発展は、いつもあり得ないと思えるような発想や組み合わせから始まります。形になるのはもっと先でも、思いつくことを残しておくことはとても大事です。

南半球の方への開運Tip

1. 1分の瞑想呼吸でアイデアの受け取り名人に

1日のうちのどこかの時間で(できれば朝が望ましい)心を静めて瞑想する時間をとってみましょう。

ほんの1分、呼吸に意識を向けるだけの「なんちゃって瞑想」でいいのです。

太古の昔から繰り返し生物は呼吸をしてきました。今この瞬間吸い込む空気には、長い年月の間、呼吸を通して生物の間で受け継がれてきた叡智が詰まっています。

今度はその叡智を私たちが受け取りましょう。

深く取り入れるほどに、集合無意識へと繋がりやすくなり、自分の理解を超えたアイデアが出てきたりしますよ。

2. 1日を浄化し手放す

神道では水浴によって自身を清らかにすることを禊を祓うと言いますが、家庭で手軽にこれと同じことができるのが入浴です。

忙しい1日を過ごしていく中で、さまざまな疲れが体や心の中に溜まっていきます。

夜寝る前にはそれを全てリセットし、水と共に流してしまいましょう。心身が軽くなりリフレッシュされると、睡眠の質も格段に上がります。

普段よりも眠っている時にメッセージを受けやすいこの時期。不必要なものを水で流し切る習慣をつけることで、受け取るアンテナの感度が上がります。

お風呂場の蛇口やバスタブも、気がついたらこまめにピカピカにしておきましょう。ピカピカ度が上がるほど、隠れていたり曇っていた魅力も開花します。

いかがでしたか?
住む場所によって季節も変わるので、自然のエネルギーを感じながら、2022年前半をすごすヒントにしてくださいね。

それではまた、お会いしましょう。